自動いいね&フォローのMtame(エムタメ)の評判&危険性

Mtame(エムタメ)とは?

Mtame(エムタメ)はインスタグラムアカウントを自動で運用してくれるツールの一つです。

機能としては自動でイイネをしてくれたり、コメントをしたり、競合相手のフォロワーへのフォロー、一括フォロー解除などがあります。

導入するとAI(人工知能)ロボットが毎日機能を駆使してくれます。

手動でやると推奨される動作をAIが自動的に運用してくれる、効率化を図れるツールになります。

またフォロワーもある程度絞り込んで増やせるので、ターゲティングをしっかりやりた方にもおすすめできます。

フォロワーを効率的に増やすお手伝いをしてくれる便利ツールであり、自分が集めたいフォロワーを集めることに役立ってくれます。

みみ

従来の自動いいねとどう違うの?
それを今から説明していくので、ちゃんとついてきてよ!

らら

ちなみに最近話題のフォロワーを買うというようなサービスではなく、あくまでも手動で行える動作を自動化させることで効率化させるツールであり、マーケティングの効率化がはかれます!

というわけで今回はMtame(エムタメ)のツールを徹底解剖していきます!

Mtame(エムタメ)の特徴と機能性や評価

みみ

Mtame(エムタメ)にはどんな機能があるの?
Mtame(エムタメ)にはSNS運用の自動化ツールの主だった機能は入っているわね。以下にまとめてみたわ。

らら

Mtame(エムタメ)には基本的な機能は以下の通りです。

Mtame(エムタメ)の機能

・ペルソナ設定
・ガイドライン策定
・目標設定(KPI/KGI)
・AIによるフォロワー増加施策
・言語セグメント
・レポーティング
・投稿素材の撮影

Mtame(エムタメ)は、インスタグラム自動化ツールにおいて基本的な
「自動いいね機能」「自動フォロー機能」
がフォロワー増加施策に入っている他に、応用の機能として
「レポーティング」や「投稿素材の撮影」も追加機能としてあります。

いいねやフォロー、アンフォローといった機能を持つ自動化ツール今ではゴロゴロ出てきてます。

しかし、システム導入後にアドバイスがもらえるにはラッキーです。

機能の詳細はこちらです。

ペルソナ設定

ペルソナとは、商品やサービスを利用する顧客を細かく具体化したユーザー像のことです。実際に存在する人物かのように、年齢・性別・居住地・年収・家族構成・趣味など、詳細なステータスを設定します。このように見込み客を郡で捉えるのではなく、ある特定のユーザーに絞り込むことで、より具体的にユーザーの課題や抱える悩みがイメージしやすくなります。ターゲットが幅広く設定されていると、効率の良いマーケティングを行うことが非常に難しくなるため、まずはペルソナの設計を行うことが重要です。

ガイドライン策定

Instagramを運用するにあたってのガイドラインを策定致します。投稿の見栄えに統一性を持たせることでユーザーに好印象を与えることができ、フォローの可能性も高まります。また、ハッシュタグや投稿時間などルールに沿った投稿を行うことで効果検証をより早く正確にすすめることができるため、アカウントの質を効率よく高めることができます。

目標設定(KPI/KGI)

成果を出すためには、施策の実行・分析フィードバック・改善を反復的に行うことが必要になります。まず「何を成果とするか」を決めることで「成果を出すための施策(KPI)」が決まります。そうしたKPIの設定と数値化により目標との距離が測れるようになり、現在の進捗度を把握できるようになります。Instagram運用コンサルティングでは、目標(KGI)を達成させるためには、どんなKPIを設定すれば良いのか、そのKPIは正しいのか、何がボトルネックになっているのかを分析・検証していきます。

AIによるフォロワー増加施策

ハッシュタグ:#ハッシュタグを指定してフォローしてほしい人に向けてアプローチを行うことが可能です。複数単語を絞ることも可能です。

ターゲット属性:ターゲット属性投稿内容によってAIがセグメントした年齢や性別などを区分し、ターゲットの属性を指定してアプローチを行うことが可能です。

画像認識:画像認識AIにより投稿画像が何の画像なのかを区分し、該当する画像にアプローチを行うことが可能です。※区分できる画像には制限があります。

地域設定:地域設定指定した地域(最大半径200km)で投稿を行ったユーザーに向けて、アプローチを行うことが可能です。国内外に設定することができます。

言語セグメント:言語セグメント海外ユーザーも多く、無意味なハッシュタグをつけている投稿を除外するため、日本語の投稿のみを対象にアプローチすることが可能です。

フォロー調整:フォロー調整フォロワーに対してフォロー数が多いアカウントは信用度・人気度が低く見られがちです。見栄えの良いアカウントになるよう調整します。

レポーティング

AIが蓄積したデータを基に、コンサルタントが分析レポートを作成します。運用アカウントの指標に沿って示唆・考察を行い、翌月以降の運用改善を策定していきます。

投稿素材の撮影

オプションでInstagramへの投稿素材を撮影致します。ご希望の訴求先・ターゲット像に合わせて、最適なクリエイティブをご提供。提供数は5カット単位でお受けしております。

Mtame(エムタメ)の運用会社

みみ

まずMtame(エムタメ)を提供している会社ってどんなかんじなのかな?
コンサルティングをサービスにしてたら運営元を気になるわよね!じゃあどんな会社かリサーチしてみよう

らら

会社の詳細は以下のようになっているようです。

スターティアラボ株式会社 Startia Lab, Inc

住所:東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス19階

電話番号:03-5339-2105(代表)/ FAX 03-5339-2110

事業内容:Webアプリケーションの企画・開発・販売・保守

また

「スターティアグループはISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001」並びに国内規格「JIS Q 27001」の要求事項に適合していることを証されています。」

とも書かれていて、会社の信用性が規格で保証されています。

Mtame(エムタメ)の問題点

みみ

今のところ、アドバイスもいろいろしてくれそうで最高のサービスよね 
そうだね、でもサービスにもデミリットはあるものよ

らら

コスパが悪くなる可能性もある

初期費用と月額料金(後で詳細を説明)がわりと高めの設定になっています。

理由自体に矛盾はなく、妥当なものなのですが、最後の投稿の部分を自分でやらないといけなかったりします。

また何にしてもフォロワーが増えたり、目で見て変化が感じられればいいですが、そうじゃないケースもまったくないとは言えません。

そうするとトラブルが起こるので、そのへんの契約もきちんとしたほうが得策です。

ツールが少し弱い

ここの唯一の致命的な問題点は、ツールが競合他社に比べて、弱いということです。

ツール自体基本的な機能は揃えていて、SNS運用の自動化、効率化はできます。

ただ詳細なターゲティングの設定などができない点があり、より高度なSNS運用をしてもらうにはツールという面だけでは弱いです。

Mtame(エムタメ)の料金プラン

みみ

だいぶ高い料金設定にしていません?
そうね。
それだけ大きな効果が得られると期待したいところだけど、コスパという面ではどうでしょう….

らら

Mtame(エムタメ)の料金

Mtame(エムタメ)の料金プランとしては1種類になっています。

理由は専任のコンサルタントがついて、アドバイスや運用をしてくれるからです。

しかし実際にオプションを付けたりすることで正規の費用よりディスカウントは行ってもらえる可能性はあるので

料金プラン

初期費用     10万円
月額費用     25万円/月(1アカウントあたり)
オプション    投稿素材の提供 10万円/5枚

※最低ご利用期間が3ヶ月です。
※専任のコンサルタントがついて担当します。
※定期訪問し、レポートを用いて施策に関してのミーティングを行います。
※目標を設け、施策の設定・実行します。
※運用代行は行っておりません。原則、お客様側での投稿です。
※施策計画の必要に応じて、別途コストが掛かります。

表示金額はすべて月額で税込みor税抜きが書いてないので、しっかりと確認をするようにしたほうが良さそうです。

1ヶ月あたりの値段が表記されていますが最低で3ヶ月は契約しないといけないので、最低で85万円かかる想定になります。

また運用代行は基本してくれないことを考慮に入れて、割と手間暇はかかる想定にしたほうがいいです。

Mtame(エムタメ)の評価

say img=”https://instagram-laboratory.com/wp-content/uploads/2019/05/chibi_20190524_160223.png” name=”みみ”]今までの流れだとコスパは悪くないけど、問題点がちらほらって感じですか?[/say]

そうね。調べただけだとそうなるけど実際に使ってみないと内情は分からないところあるよね…..
というわけでとりあえず使ってみましょう

らら

実際に使ってみた

というわけでツールを使うために85万円払ってみます。

と思ったのですが流石に85万円は高くて、見切り発車でスタートは切れないので、またお金に余裕ができたら使ってみたいと思います。

Mtame(エムタメ)を使うメリット

みみ

Mtame(エムタメ)も実際に可動してるから色々なメリットもあるんでしょうか?
そうね。絶対にあると思うわ。
あると思うから、それを調べて、まとめてみましょう。

らら

これまで書いてきたことを総合的に加味した上で、Mtame(エムタメ)がおすすめな人は「運用の手間暇を大幅に軽減させたい人」です。

Mtame(エムタメ)のサポートは手厚く、信頼がすごいと思います。

しかも実際に自分で行うと大変な作業が、感覚的には80%ぐらいカットしてもらった上で、クオリティの高いものが出てくると思います。

Mtame(エムタメ)を使うリスク

やっぱり金額がネックですよね、、、

らら

みみ

実際にコスパの面では大丈夫だと思うけど、100%ではないからね

正直「なるべく安価に済ませたい方」にはMtame(エムタメ)はあまりおすすめできないと言えます。

アカウントのセキュリティ面のリスクや、運営会社のサポート面の脆弱さがあるため法人としてしっかりとSNSを運用していきたい人には向いていないと思われます。

また、高度なSNS運用ツールを活用したいと思っている人にもお薦めはできない感じになっています。

もちろんどの企業にも強みと弱みはあるのでしょうがない部分ではないと思いますが、いろいろ比較しながら自分に合う企業を探してみてもいいです。

まとめ

みみ

今回のMtame(エムタメ)はいいサービス提供をしてくれる反面、料金が高いという結果になったね

今回はインスタグラム自動化ツールである「Mtame(エムタメ)」について、特徴や問題点、評判などを総合的にまとめてみました。

Mtame(エムタメ)はとても悪くないツールに見えています。

サービス面でも申し分ないです。

しかし使えない機能があったりする場合もあるみたいなので、導入を検討している方は相談してみたほうがいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA